法人用クレジットカードの審査に通過するには

開業3年以上で黒字が2期以上続けていれば、法人用クレジットカードが発行できる可能性は高いです。
ただそれでも、審査に落ちてしまうこともあるようです。

法人用クレジットカードの審査に影響すると言われているのが、固定電話の有無です。
個人事業主なんかは固定電話を持たず、携帯電話のみで経営をしているというケースもあります。
それでも十分連絡はとれますし、不自由はないようです。
しかし固定電話がないと、信用度は低くなってしまいます。
携帯電話だと、電話番号をすぐに変更することが可能です。
クレジットカード会社と連絡がつかなくなる可能性があり、貸し倒れリスクが高くなると判断されるのです。

また携帯電話で経営をしているなんて、あやしい企業ではないのかと疑われることもあります。
たとえば闇金融なんかの連絡先は、固定電話ではなく携帯電話のことが多いです。
「090金融」なんて言われるくらいですからね。

法人用クレジットカードの中には、固定電話がないと審査通過できないものもあるようです。
固定電話があった方が、法人用クレジットカードの審査には通りやすいと思われます。

そして真偽のほどは定かではないのですが、自社のホームページがあると信用度が増し法人用クレジットカード審査に通りやすいという話もあります。