法人用クレジットカード発行に必要なもの

クレジットカードの利用料金は、指定口座からの引落となります。
法人用クレジットカードも同じです。
そのため引落用の口座は、必ず必要となります。

法人用クレジットカードの引落用として、個人の口座は指定できません。
あくまでも法人との契約ということになりますので、法人名義の口座が必要となります。
個人事業主は屋号でも口座は持っていないというケースもありますが、それならまず法人名義の口座を開設してください。
開設完了となったら、法人用クレジットカードに申込みができるようになります。
ただ個人事業主は、個人名の口座でもOKとする法人用クレジットカードも多いようです。

そのほか法人用クレジットカードの発行には、法人の印鑑、代表者の本人と確認できる書類、登記簿謄本、印鑑登録証明書などが必要となります。
クレジットカード会社によっては、確定申告書などが必要となる場合もあります。
申込する前に必要なものを確認しておきましょう。

登記簿謄本は法務局でもらうこともできますが、オンラインでも請求ができます。
代表者の本人確認書類は運転免許証や健康保険証、パスポートなどになります。
顔写真があり本人確認がしやすいため、運転免許証を推奨しているクレジットカードが多いです。