法人向けクレジットカードの種類

クレジットカードには個人向けと法人向けがあります。
法人向けは個人事業主や企業が発行できるクレジットカードです。
クレジットカードの券面にも、利用する人の名前だけでなく企業名(屋号)が入ります。

法人向けクレジットカードは、ビジネスカード(三井住友ビジネスカードなど)やコーポレートカードと呼ばれることもあります。
ビジネスカードは、個人事業主や中小企業など規模が小さい法人向けとなります。
社員が多い大きな企業向けとなるのが、コーポレートカードになります。
コーポーレートカードは利用限度額はクレジットカード全体ではなく、1枚ずつ設定できたりします。
必要な発行枚数により、どちらかを選ぶ形になるでしょう。
クレジットカード会社でもビジネスカードとコーポレートカードと、分けられていることがありますので選択時に間違わないようにしましょう。

個人事業主だとわざわざ法人向けクレジットカード(http://cretatsu.com/houjin-card)ではなく、個人向けクレジットカードでも良いような気がします。
実際発行するのが面倒なので、個人向けクレジットカードを使っている個人事業主も多いようです。
しかし法人向けクレジットカードにすることにより、メリットも出てきます。
経費としての支出があるなら、法人用クレジットカードを持つのがおすすめです。